@SUPPLE(アットサプリ)トップ画像

 ベータカロチンはビタミンAの前駆体で必要に応じてビタミンAに変換します。また、ビタミンAに変換されなかったベータカロチン自体には抗酸化作用や抗癌作用があるといわれています。もともとベータカロチンはカロテノイド(食物に含まれている色素のことで、カロテノイドは主に植物の体を守る為にある成分です。)の一種であり、カロテノイドの種類は500種類以上と言われています。

 ベータカロチンが一般的になった要因としては体内でビタミンAに変換されることがわかった事でベータカロチンやその他のカロテノイドに対する研究などが行われています。

 →ビタミンAを参照してください。(詳しく解説)